TANITA製のクッキングスケールを購入したらQOLが爆上がりしたお話。

スポンサーリンク
製品レビュー

以前中国製のクッキングスケールを購入し、その微妙さを記事にしました。

そんなクッキングスケールがついに故障したので、新しいクッキングスケールを購入しました。
今度はTANITA製です。

まじQOL爆上がり

中国製クッキングスケール使ってた時のイライラはなんだったのかというくらい、スムーズに計量できるのでストレスフリー。
本来はこうあるべきなんですけどね。

今回はTANITA製クッキングスケールをご紹介。

こんなのでQOL爆上がりなんて言ってる奴の生活ってどんなんだろう?って思いますよね。
こんな生活ですわ。

スポンサーリンク

TANITA クッキングスケール KJ-114 レビュー

今回購入を決めた理由としては次のとおりです。

・日本メーカー
・最大計量
・最小表示
・計測面が数値表示面とは別になっていること

これらを満たし、安いものを探していたら、TANITAのクッキングスケールに行きつきました。

・TANITA
・最大計量1kg
・最小表示0.5g
・計測面と数値表示面は別。
・1000円くらい

いいね!

若干イキってる感を感じるTANITAさんのTwitterですが、クッキングスケールは実直そのものです。
そうそう、そう言うのでいいんだよ。

置いて、測る。
値は正確これ重要。

フックがついてるのはニクイですね。
場所を取らない。

箱の裏面と内容物です。
電池を入れたらすぐに使用できます。

表示が早いのが特徴だそうです。

お試し用に単4電池が2本ついており、すぐに使用ができるようになっています。

裏面に電池蓋があり、単4電池は裏に入れます。

入ボタンを押すとすぐに起動し、0表示。
めちゃくちゃ早いです。
中国製のクッキングスケールは0にするまで数分かかってたのに、これだけでも昇天物。

計測面は表示面とは別についているのですが、それでもかなりの薄さです。

以前使っていたクッキングスケールとの比較です。
縦幅については、変わりありませんが、横幅はちょっとだけTANITAのほうが短いです。

高さについてはTANITAのほうが高いです。

使ってみると感じるのは、

すぐに計測できるのと0.5g単位できっちり計測してくれるのまじ最高。

前述しましたが、今まで0gにするのに数分かかり、計測もちゃんとできてるのか不安でした。
TANITAでは値がどんどん増えていくなんてことは発生していません。
それだけでかなりの高評価。

ボタンも二つだけで、入・切表示で非常に分かりやすい。

最後に

元々がマイナスだったので、普通の品を使うだけでもQOL爆上がりで感動するような人間になっていました。

シンプルで使いやすく、なおかつ安いので、キッチンスケールが欲しい場合はタニタ買いましょう!

ではまた次回〜。

コメント