ルビィちゃんが特にかわいい!ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow【見所と感想】

スポンサーリンク
映画

こんにちは、Tokuです。

今回はラブライブ!サンシャイン‼️を見に行きました。
初日公開だからか、やはり人が多かったですね〜。

映画は1年生組が可愛く、その中でもルビィちゃんが特に可愛かった。最高です。

あ、別にルビィ推しではないです。推しても良いくらいに可愛かったですけど。

ネタバレ含みます。たぶん

スポンサーリンク

「ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow」をかいつまんで紹介

ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow

アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の劇場版で2019年1月4日公開の映画です。

あらすじは公式サイトでもどうぞ

ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbowの見所

本編上映前のフォトセッション

本編上映前に撮影OKの時間があります。
ムービーやカメラはNGで、スマホやガラケーのカメラのみの撮影になっています。
私が見に行った回は千歌ちゃんでした。

撮影した画像はSNSの拡散OKとなっているのでツイッターを見ていると、
千歌ちゃんの画像しか出ていないので、週毎に変わるものだと思います。

ブログはいいのかな?

隅っこの座席だったし、カメラ画質微妙でかなりブレてるし、斜めからの写真になってしまいました。

前回映画で撮影する人がいるから、先にこれ撮影して満足してね💗という計らいなのだろうか。

撮影の流れでもめっちゃ面白いのに、撮影時間中は何枚も連写している人がいて笑いがとまりませんでした。
上映前から最高潮感ある。

週毎に変わるということは
9週間は確実に上映するし、入場者特典も変わるということなのかな?
すごいなラブライブ。

キャラの可愛さ

作中のキャラの仕草、服装、髪型が特に可愛く描かれており、
さすがキャラ萌えアニメ映画と言われるほどの可愛さです。

1年生組が特に可愛さが目立っているように感じました。
次点で3年生組。

通常の髪型とは異なる髪型を各キャラクターが見せてくれるのが見所だと思います。

ルビィちゃんは最初に登場したときの髪型と頭の真ん中で編んでる髪型
はなまるちゃんは最初に登場した時の髪型、メガネを二つ持ってるの可愛い
よしこちゃんは三つ編み、聖天子猫姫
ようちゃんは後ろに束ねているとき
ちかちゃんは三つ編みをしていないとき
りこちゃんはうつむいたとき
かなんちゃんは三つ編みと髪を下ろしている時と新曲の衣装
まりちゃんは終盤のライブシーンの髪を結っている姿
ダイヤちゃんは三つ編みと後ろに束ねているとき

はなまるちゃんが一番服のセンスが良いように思います。次点でダイヤちゃん。

挿入曲が良い

全6曲の新曲が劇中で披露され、既存1曲が挿入歌として流れます。

また、サプライズが半端ないと感じました。
ここでその新曲!?みたいな流れでかなり興奮しました。サンドウィッチマン。
曲自体も今までの流れを汲んだ曲調でかなり盛り上がる曲になっています。

サプライズ曲以外は全体的に明るく、盛り上がる曲になっており、映画を楽しく見れるように作られているなと感じます。

黒澤ルビィの成長に注目

黒澤ルビィ

今作はメンバーの黒澤ルビィにフォーカスがされているので、アニメを通して見ている方はルビィちゃんの成長に注目すると良いでしょう。

ルビィちゃんの成長に合わせてか、かなり大人びた見た目になっているように感じました。

それ以外は特に変わりないというか、いつものAqoursのキャラクターでした。

特典はメッセージカードとガチャ引換券

1月4日〜メッセージカードと書いてるので、
2周目、3周目と変わるのかな?

引換券です。コードを入力することで限定カードをゲットできるみたいですね。
9種類あるそうです。

感想

ストーリーは正直言って大したことはないです。
まぁこれがラブライブサンシャインだよなぁ。という内容です。

でも、これ映画でやる必要ある?

と思わないでもない内容。千歌ちゃんのいつものまとめが入るし・・・。
で、挙句これはアニメ、映画として今後続くの?続かないの?どっちなの?というよくわからない終わり方。

前作ラブライブの時はしっかり終わりが設定されていたから、よかった。

また、前作はスクールアイドルのための映画という目的がはっきりしたものでありましたが、今作はAqours9人のための映画という色が濃いです。

まぁこれは別にいいでしょう。
どういう映画であろうとラブライブはラブライブです。

ただそれを補って余りあるほどのキャラの可愛さ、成長、曲の良さを感じることができる作品ですね。
ライブシーンの服装も振り付けも可愛くて良いですよね。

スクリーンの大画面でラブライブが見れる。ライブシーンを聞ける・見れるということに価値があるんですよね。

1年生同士の掛け合い、3年生同士の友情、2年生の尊さ、素晴らしいと思います。
ただ、劇場版でも学年を超えての絡みが少ないのは残念でしたね。

楽曲は1年生、2年生の曲を期待していたのですがなかったのは残念です。

鞠莉ちゃんの話にはちょっと衝撃を受けました。
応援上映だったらオレオレ!って言いそうなレベル。
たぶん似たようなこと考えてる奴は劇場で数人はいたことでしょう。

ラブライブが大好き!というかたは、まぁオススメしなくても見に行くでしょうが
可愛いキャラクター映画が大好きな方はおすすめします。

頭空っぽにしてみんなかわいいな〜という感じで見れます。

2019/1/12追記
Aqoursは人数に制限はないということを千歌ちゃんが言っているけど、Aqoursは6人のままで続けていくが、物語としてはここで終わりなのではないかと思うようになりました。

3年生の3人はいなくなるけど、胸の中に残り続ける。
→3年生との思い出を胸に6人でもやっていける。

ではまた次回〜。

コメント